ふーどばんくOSAKA

〒599-8101
堺市東区八下町1-122 大阪食品流通センター内 Maps

文字サイズ

TEL:0702-258-2201 ふーどばんくOSAKAへのお問い合わせはこちら

捨てられる食品の現状

「食品ロス」が約500〜900万トン含まれると推計されています

農林水産省の調査によると、2009年の食品廃棄物の総発生量は2,272万トンのうち、本来食べられるにもかかわらず捨てられる、いわゆる「食品ロス」が約500〜900万トン含まれると推計されています。これは日本のコメの年間生産量と同じくらいですが、内訳は、食品製造業・卸売業・小売業・外食産業といった食品産業から300〜500万トン、家庭から200〜400万トンと言われています。

食品が捨てられてしまう理由

(注)日本の流通業界にあるルールで、結果として賞味期限が残り3分の1以下のものは商品としての販売ができないことになってしまう

フードバンクで扱う食品、扱えない食品

フードバンクとして扱うことのできる食品と、扱えない食品は、概ね以下のとおりです。

寄付を受けられる食品

  • 缶詰など加工食品
  • 野菜・果物など生鮮食品
  • (賞味期限の近い)防災備蓄品
  • 米・パンなど穀物
  • 冷凍食品

寄付をうけられない食品

  • お弁当(理由:販売期限と消費期限の間隔が短すぎて配送できない)
  • サンドウィッチ(理由:お弁当と同様)
  • 食べ残しの食品(理由:衛生上の問題)
  • 賞味期限が切れた食品、賞味期限の記載のない食品(理由:安全上の問題)

PAGETOP